Menu

月別: 2017年7月

技術を駆使した動画

動画広告を作成するメリットはいくつもあります。静止バナーやテキストバナーにはない難易度の高いフラッシュ動画、俳優人も使ってのインパクトのあるシーン、スピード感、バック音楽の選択も重要です。ビジュアル的要素に躍動感そして音響効果などあらゆる技術を駆使して、閲覧する人により強くうったえかけてきます。情報量でいけば圧倒的な量です。

しかしながらこれだけ完成度の高さや予算的な事まで考えれば、やはり動画制作会社の手にゆだねなければとうてい無理とも思えます。単におもしろいあるいは感動的というだけではなく、クリック数や購買意欲にまで持っていかなければ単なるぜいたくな趣味で終わってしまいます。業者では通常効果追跡や検証もしっかり行っていますから、そうして集めたデーターを元により効率の良い動画広告を制作していきます。

業界によっては動画広告との相性も若干あるようで、各業界ごとにクリック率を比較検討してみると明暗がはっきり分かれてきます。雑貨や生活用品など生活に役に立つ商品ではなく、車やスポーツ関連あるいは趣味嗜好に関連した商品が最もクリック率が高いとのデーターも出ています。次点に雑貨や日用品が来ていますし、最も人気がなかったのはギャンブルや社会活動系ですから、ユーザーの感覚は堅実です。

【参考業者サイト】動画制作

月別: 2017年7月

動画制作会社を利用

動画をシェアして広告がクリックあるいは購入サイトへの導入をしただけで報酬をもらえるという、動画広告を利用したアフィリエイトが若者を中心に広まっています。2012年ごろは圧倒的にPCでの動画広告市場規模が多かったのですが、IPHONEの普及と共にモバイル活用が拡大し、2017年度現在はPCとモバイルがほぼ横列に並んでいるという研究データが公開されて話題になっています。

この勢いでいくとPC市場をモバイル市場が追い越すのは目前です。モバイル市場を制する事がビジネスを制するとも言えるのが現実の社会です。動画広告といっても、知名度を上げれば良いのか、購入を促したいのかはたまた商品イメージを高めたいのか、どこに方向性を持っていくかによっても動画広告の作り方も違ってきます。確実に売り上げをあげたいのであればより完成度の高い広告を作る事が重要です。

動画広告会社が作る動画広告は、ビジュアル効果も考えた演出や専用機種の活用など、経費をかけて作りこんでいくプロの仕事をしていますから、よりインパクトの強い画像と音響効果でユーザーの魂を虜にする仕掛けを随所に盛り込んでいます。もちろん経費はそれなりですが経費をかけただけの効果を得られるのは確実です。

月別: 2017年7月

動画広告の効果

動画の全盛時代と言われる今日、個人・法人問わず気軽に動画広告を流せるようになりました。TVCMのように莫大な資金で大々的に国内に発信するのとは違い、ほぼ0円に近い予算でほんとうに情報を必要としている人に向かって広告を打ち出せる効率の良さが、多くの人に受け入れられているのです。しかも国内に限らず世界へ向けての発信になりますから、視聴率だけを取り上げてみたとしてもその効果には絶大な力があると言い切ってしまっても赦してもらえるはずです。

そうした誰もが広告収入を効率良く得やすいシステムを、動画SNSサイトが作ってくれている事が動画人気を後押ししているのは確実です。たとえば世界有数の動画サイトでは動画に共感を持てたら“イイネ”をクリックし、さらにSNSやブログにシェアできるようになっていますから、優秀な作品は1万回以上のアクセスと賛同者を世界から取り付ける事ができますし、広告が1回クリップされるか購入サイトへつなげるかすると、課金されるシステムになっていますから、個人でもなかなか侮れない報酬を得ているケースも見受けられます。

SNS人気も目覚ましいものがあり、広告を1回流すだけで世界中の人から注目される事請け合いです。ただしユーザーも目と耳が肥えていますから、クオリティの低い広告は簡単にスルーされてしまうシビアさもあります。より良質で完成度の高い動画広告を準備したいなら、やはり動画広告会社に依頼するのが一番です。

若干経費はかかりますがテレビCMと比較したらかなり手頃です。